【第 3 回】 福島 か ら 見 つ め る 日本 の 農業 の あ り 方 ・ が ん ば ろ う 福島 、 農業 等 の 会 代表 齊藤 登 登 ん イ ン タ ビ ュ ー

県 二 本 松 市 で キ ュ ウ リ や 米 を 生産 す る 齊藤 登 (さ い と う の ぼ さ い と う の ぼ) さ ん。 自 を 作 っ て 販 売 す PO PO PO PO PO農家 を 結 ん で い ま す。 東 日本 大 震災 を 経 験 し 、 福島 県 産 の 野菜 や 果物 に が 吹 く 中 で 見 え た 、 日本 農業 る き 齊藤 形し ま す。

ー 東 日本 大 震災 か ら 年。 様 々 な こ と が あ っ た か と 思 い ま す が 、 の 状況 を 教 え て だ さ い。

ネ ッ ト シ ョ ッ プ は, 一度 売 上 が 激 減 し た あ と 持 ち 直 し て 安定 し て い ま す. 現在 は 会員 が 5,000 人 ほ ど で, 500 人 く ら い の 方 は 6 年 間 継 続 し て 買 っ て く れ て い ま す. あ り が た い こ と で す. 仲 間 の 農家の 野菜 も セ ッ ト で 販 売 し て い る の で 、 み ん な そ れ で 収入 を 得 て ま す す。

自 分 の 農 園 で 米 や キ ュ ウ リ 作 り も し て い ま す が 、 そ れ 以上 に が 、 そ れ 以上 に 仲 間 の 野菜 を 販 売 い ま す。 PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO PO POし な が ら 、 福島 県 産 の 食品 を 消費者 に 届 け て い ま す。

農業 者 同 士 が 協力 し て 出 荷 す る 取 り 組 み は, 日本 中 に あ り ま す が, 福島 県 と い う 大 き な 枠 組 み で, 地域 を 越 え て や っ て い る と こ ろ は 他 で は あ ま り 聞 い た こ と が あ り ま せ ん. ま る で 商社 み た い で す.

農家 の 人 た ち に は, お い し く て 安全 な も の を つ く る こ と に 専 念 し て も ら い, 私 は 都会 の 人 と も っ と た く さ ん 繋 が っ て, 販 売 先 を 広 げ て い け た ら と 考 え て い ま す. 仲 間 か ら の 期待 が 大 き いの で 、 通 販 や マ ル シ ェ で の 販 売 以外 に も 、 色 々 と 試行 錯誤 し て い す す。

ー 具体 的 に は 、 ど の よ う な 取 り 組 み を さ れ て い る の で し ょ う か。

例 え ば, 東京 の あ る 企業 と 提携 し て 「ワ ン コ イ ン 販 売」 と い う 取 り 組 み を 続 け て い ま す. こ れ は, 企業 に 勤 め る 人 に 毎 月 500 円 支 払 っ て も ら い, 旬 の 野菜 や 果物 を お 届 け す る 仕 組 み で す. 7 月だ と, モ モ を 3 つ 程度 送 っ た り し て い ま す. 勤 め て い る 人 に と っ て は, 毎 月 新鮮 な も の を お 得 に 食 べ ら れ ま す し, 給 料 か ら 天 引 き す る 方法 も あ る の で 面 倒 が あ り ま せ ん. 私 た ち か ら す れば 配送 が 一 括 で 済 み ま す し, 毎 月 安定 し て 販 売 先 が あ る と い う の は, 本 当 に あ り が た い こ と で す. お 互 い 負担 な く で き る の が ポ イ ン ト で, 細 く 長 く つ な が っ て く こ と が 大 切 だ と 思 い ま す.

こ の よ う な 仕 組 み は, 福島 県 だ け で な く, 日本 の 農業 全体 に 必要 だ と 感 じ ま す. 農家 の 受 け 皿 と い う か, お 客 様 が 農作物 を 買 い, 農家 の 収入 に 繋 が る 仕 組 み は 不可 欠 で す. い く ら 買 っ て ほ し い と思 っ て も 、 お 客 様 が ど こ で 買 え ば い い の か 分 か ら な け れ ば が あ り ま せ ん。

消費者 と 繋 が る 仕 組 み に つ い て は, 常 に 考 え 続 け な け れ ば と 思 い ま す. 原 発 事故 の 影響 で 試行 錯誤 し, 苦 し 紛 れ に で き た シ ス テ ム か も し れ ま せ ん が, 日本 の 農業 全体 に 活 か せ る ヒ ン ト が あ る の で は な いか と 、 漠然 と 思 っ て い ま す。

農家 だ っ て 人間 で す. 農家 は い い 人 で, ど ん な 状態 で も 丹 精 込 め て 作物 を 作 り 続 け る か と 言 っ た ら, そ ん な わ け で は あ り ま せ ん. 辛 い 時 だ っ て あ り ま す し, 儲 か ら な く て も 農業 を 続 け た い と 思 う わ け で も あ り ま せ ん.し っ か り と 稼 げ る 仕 組 み が な け れ ば 後 継 者 が い な い の も 当 た り 前. 農業 は ビ ジ ネ ス で す. ビ ジ ネ ス で あ る か ら こ そ, 人 と 同 じ こ と だ け を や っ て い た ら だ め で す. 社会 動向 や 消費者 の 心理 が ど う い う 動 き を す るか を 考 え て 行動 す る. 読 み が 当 た れ ば 嬉 し い で す が, 当 た ら な い こ と も 多 い の で, 先 を 見 据 え て, 常 に 先手 を 打 っ て い く 状況 が 変 わ っ て い く 中 で, う ま く い く 仕 組 み を 見 つ け る の で す.

ー 新 し い チ ャ レ ン ジ を す る こ と で し か 道 は 拓 か れ な い と。 様 々 な 活動 を す る 中 、 課題 に 感 じ て い る こ と は あ り。

課題 は 山 積 み で す. 原 発 事故 か ら 6 年 経 ち ま し た が, 山 菜 や 天然 の キ ノ コ, タ ケ ノ コ は 未 だ に 放射 能 が 基準 値 よ り 多 く 検 出 さ れ る の で, 出 荷 で き ま せ ん. 肥料 の 入手 も 困難 に な り ま し た. も と も とは 山 の 葉 を 有機 肥料 に し て い た の で す が 、 放射 能 汚染 で 手 に 入 ら な く な り ま し た。 有機 肥料 も 同ま し た。 震災 の 影響 は 、 生産 プ ロ セ ス の い た る と こ ろ に 影 を 落 と て い ま す。

そ れ 以上 に 、 福島 県 の 米 は 放射 能 汚染 さ れ て い る と い う 印象 が い ま だ 根 強 く 残 し て 、 全体 100さ れ て い ま す. そ の う ち, 基準 値 (100 ベ ク レ ル / 1 キ ロ) を 超 え た も の ​​は 一 つ も あ り ま せ ん. さ ら に 言 え ば, 75 ベ ク レ ル / 1 キ ロ の 超 え た も の ​​も あ り ま せ ん. つ ま り, 理論 値 で 言 え ば, 完全 に放射 能 汚染 が な い わ け で す。

そ れ で も 、 都 心 で 福島 県 産 の 米 を 見 か け る 機会 は 、 震災 前 と 比 べ 明 ら か に 少 な っ て仕 入 れ る 必要 が な い か ら で す. 結局, 業務 用 と し て 買 い 叩 か れ, 白米 と し て 消費者 の 元 に は 届 き ま せ ん. 実 際, あ る 大 手 コ ン ビ ニ チ ェ ー ン の お に ぎ り の 米 は, 福島 県 産 の 米 が 利用 さ れ て い ま す が、 消費者 の 方 に は あ ま り 知 ら れ て い ま せ ん。

こ れ こ そ 風 評 被害 だ と 感 じ て い ま す. 他 に も, 福島 県 産 の キ ノ コ は 全 て ダ メ だ と 思 う 方 も い ら っ し ゃ い ま す が, ハ ウ ス で 作 ら れ た も の ​​で あ れ ば 問題 あ り ま せ ん し, 出 荷 す る も の は き ち ん と 検 査を し て い ま す。

ー 理論上 は 問題 が な く と も 、 ブ ラ ン ド が 毀損 さ れ て し ま っ た と い う と で し ょ う か 評 被害 を 乗 た で

消費者 に 真 実 を 知 っ て い た だ く た め に 、 私 が 東京 に 赴 い て 販 売 を す る だ け で は な く 、 都会 の 人の 人 が ツ ア ー に 来 て く れ る 予 定 で す. 二 本 松 農 園 の 「里 山 ガ ー デ ン フ ァ ー ム」 に 来 て い た だ き, 実 際 の 放射線 レ ベ ル や, ど う し て 野菜 か ら 放射 能 が 検 出 さ れ な い の か, 体 験 し な が ら 正 し い 知識 を 身 に つ け て い た だ きた い で す。

一方 で, 土 の 放射 能 の レ ベ ル が 2,000 ベ ク レ ル / 1 キ ロ 程度 で あ る も の の, 高 い 数 値 で あ る こ と は 事 実 で す. 簡 単 に 除去 で き る も の で は あ り ま せ ん. 作業 中 に 粉塵 を 取 り 込 む 可能性 が あ る 農業 従 事 者の 内部 被曝 は 問題 で す。 納豆 菌 を 活用 し て 土 壌 の 浄化 を 行 う 取 り 組 み な に チ ャ レ ン ジ し い ま す が き 続 き 取 り き べ り

ー 消費者 に 「知 っ て も ら う こ と」 が 重要 だ と 感 じ ま す。 今後 、 日本 の 農業 持 続 し て い く め に 、 消費者 は う な 関 わ で き な 関 で 関 で り 方

一般 の 方 は 普 段 か ら 農業 に つ い て 考 え る こ と は あ ま り な い で し ょ う か ら, 各 々 が ラ イ フ ス タ イ ル を 考 え る こ と か ら 始 ま る と 思 い ま す. 都会 に 住 み な が ら 土 日 だ け は 田 舎 に 行 っ て 農業 体 験 を し て み る と か, 地方に 移 住 し て リ モ ー ト で 働 く な ど 、 自 分 な り に 理想 の 生活 を 描 く。 そ の 中 で 、 食 と う 関 わ り い が 見 え 自 き て て き

個人 的 に は 、 食料 不足 の リ ス ク を 回避 す る 意味 で も 、 生産者 と 繋 が る こ と は 大 切 だ と 思 い。 震災 がな っ た と 思 い ま す. 日本 で 暮 ら し て い る 以上, 大型 地震 は 避 け ら れ ま せ ん. ま た, 突然 外国 か ら 食 べ 物 が 輸入 さ れ な く な る リ ス ク も あ り ま す. そ の 時, 自 分 は ど う す る の か を, 考 え て み て ほ し い の で す.

農 協 や 生 協 の よ う に, 大量 に 安定 供給 で き る シ ス テ ム は も ち ろ ん 重要 で す が, 個人 で 繋 が る 「直接 顔 の 見 え る 関係「 も 重要 に な っ て き ま す. 直接 食 べ 物 を 送 っ て も ら え た り, 場合 に よ っ て は 疎 開 で き た りす る よ う な 関係 性 が あ る こ と が 、 安心 感 に 繋 が る の で は な い で ょ う か。

私 が こ れ ま で 作 り 上 げ て き た の は 、 そ う い う 人 と 人 の 循環 の 仕 組 み な の か も ま せ ん。の 循環, 外国 と の 循環 な ど, 様 々 な 大 き さ の 循環 を つ く り 有機 的 に 繋 い で い く. も し か し た ら, こ れ こ そ が 農業 を 始 め る と 決 め た 時 に 最初 に 目 指 し た, 新 し い 農業 の カ タ チ な の か も し れ ま せん。

大 変 な こ と は た く さ ん あ り ま す が, 私 は 幸 せ で す. 仲 間 が, 野菜 や 果物 を 二 本 松 農 園 に 持 っ て き て く れ る. 「二 本 松 農 園 が 買 っ て く れ る か ら, 諦 め ず に 作 っ て る ん だ」 と 言 っ て も ら え る.こ ん な 幸 せ な こ と は な い で す よ。 こ れ か ら も 、 福島 県 の 農家 仲 の た め 、 日本 の 持 続 可能 に め 、 新 し い 続 新 し い 続

【第 1 回】 福島 か ら 見 つ め る 日本 の 農業 の あ り 方 ・ が ん ば ろ う 福島 、
農業 者 等 の 会 代表 齊藤 さ ん イ ン タ ビ ュ ー

【第 2 回】 福島 か ら 見 つ め る 日本 の 農業 の あ り 方 ・ が ん ば ろ う 福島 、 農業 等 の 会 代表 齊藤 登 イ イ タ ビ ュ ー