My Love

湯 沢 の 地 で 、 自然 と 人 が 作 り 出 す 日本 酒

日本 国内 に は 1,000 近 く の 酒 蔵 が あ る と 言 わ れ て い ま す。 そ の 中 の ほ ぼ 1 割 が 、 米 ど こ ろ 新潟 県 に 蔵 が あ る と 言 わ れ て い ま す。 そ の 中 の ほ ぼ 1 割 が 、 米 ど こ ろ 新潟 県 に 集 蔵 て 集 集 ・ 集 集 集 集を 結 ん だ 三国 街道 の 要衝 、 湯 沢 町 で 創業 し ま し た。 創業 者 ・ 湊 屋 藤 助 (屋 号 : み な と や) (名 前 : と 行所 で 、 酒 を 提供 し た の が 始 ま り で す。 近隣 の 弥 彦 や 寺 泊 な ど か 集 ま っ た 杜氏 の 団 が 作 る 酒 は 、 評判 を 呼 び ま し を。 ま し

谷地 に あ っ て 、 湧 き 水 も ゆ た か。 世界 有数 の 豪 雪地 帯 に た っ ぷ り と も っ た 雪 は 、 染 み 込 みか ら 汲 み 上 げ る 軟水 は 、 酒 づ く り に 最適。 杜氏 の 技術 と 、 自然 の 恵 み 白 瀧 酒 造 の 伝 繋 い で き ま し た。

既成 概念 か ら の 脱却 で 生 ま れ た 水 の よ う な 酒

「上 善 如水」 は 、 日本 が 好景 気 に 沸 い て い た 1990 年 に 発 売 さ れ ま し た。 経 済 の 好 調 は 若 文化 に も 影響 与 え 、 湯 に も 多. 日本 酒 は, 若 者 が 好 ん で 飲 む 酒 で は あ り ま せ ん で し た. 「彼 ら に 受 け 入 れ ら れ る 日本 酒 を」 と い う 6 代 目 当 主 の 掛 け 声 で, 取 り 組 ん だ 「日本 酒 の 入門 者 に も 飲 み や す い, こ れ ま で に な い 新 し い 酒」づ く り が 、 「上 善 如水」 を 生 み ま し た。

従 来 の 日本 酒 は, 味 が 濃 く, ア ル コ ー ル 度数 も 高 ​​い, 飲 み ご た え の あ る 力強 い も の. 日本 酒 好 き に は た ま ら な い 魅力 は, 入門 者 を 遠 ざ け る 要 因 で も あ り ま し た. “新 し い 日本 酒” は, そ の イ メ ー ジ か ら 遠 い も の を目 指 し て 開 発 さ れ ま し た。

ワ イ ン の よ う に 香 り が 高 い 一方 で 、 口 当 た り と 飲 み や す さ を し た 〝水 の よ 酒 ″ は 、 そ の 特 徴 か ら 古代 古代 を ら 古代 古代 老子 ら 古代 古代 の

「人 の 理想 的 な 生 き 方 は, 水 の よ う に 他 と 争 わ ず, 自然 に 流 れ る よ う に 生 き る こ と」 と い う 意味 を 与 え ら れ た 日本 酒 は, そ れ ま で の 日本 酒 と 対 立 す る こ と な く, そ れ で い て, た だ 一 つ の個性 を 放 ち 、 狙 い 通 り 、 若 者 を 中心 に 支持 を 集 め ま し た。

「既成 概念 に し が み つ か な い. 同 じ こ と を や っ て い て も 革新 は 生 ま れ な い」 と い う 考 え は, パ ッ ケ ー ジ に も 反映 さ れ ま し た. そ れ ま で の 日本 酒 は, 茶色 の ビ ン に 筆 文字 の 商品 名 が 貼 ら れ るの が 一般 的 だ っ た 中 で 、 「上 善 如水」 は 、 無色 透明 の ビ ン に 、 当時 急速 に 普及 し て い た 日本語 ワ ー ロ の 文字 を 採用 し 、 見 た 目 の し 日本 さ さ 目 の し 日本 さ さ の 日本 さ さな 新 し い 挑 戦 が 詰 め 込 ま れ た 「上 善 如水」 は 、 発 売 か ら 30 年 近 く 経 っ た 今 な お 、 酒 の 魅力 を 伝 え る ロ ン グ セ ラ ー っ ン グ セ ラ ー っ ン グ セ ラ ー っ

上 善 如水 が 変 え た 酒 造 り

「上 善 如水」 は 、 発 売 当初 か ら ヒ ッ ト し 、 3 、 4 年 に 渡 っ て 生産 量 を 増 や し て い き ま し た。 そ の タ イ ミ ン グ でと 、 機械 の 導入 に よ る 品質 の 安定 化 と 省力 化 を 両 立。 従 来 の 「良 い も の を 作 れ ば 売 れ る 作 り が の 魅力 と い う 神話。 酒 う 神話 酒如水 」の ヒ ッ ト の 要 因 の 一 つ は, そ の パ ッ ケ ー ジ に あ り ま し た. ス テ レ オ タ イ プ の 日本 酒 の 形 を 変 え た こ と で, 若 者 の 支持 を 得 ら れ た 経 験 か ら, イ メ ー ジ 戦 略 を 含 め た 広 告 メ ッ セ ー ジ を 発 信 し てい く よ う に な り ま し た。

ま た, 杜氏 の 経 験 や 勘 に 頼 る 酒 造 り か ら, 「機械 で で き る こ と は 機械 で 行 う こ と」 に シ フ ト し ま し た. 話 を う か が っ た 山口 取締 役 が 電機 企業 か ら 転 身 し, 入社 し た の も こ の 頃. 「原料 で あ る米 の 品質, 気 候, 杜氏 の 判断, 酒 造 り の 条件 は 毎 年 違 う. 厳 密 に 言 え ば お な じ 酒 に は な ら な い け れ ど, お 客 様 の 期待 を 裏 切 ら な い 良 い 酒 を つ く る た め 」の 経 営 判断.「 酒 づ く り に 機械 を使 う な ん て い う 同 業 者 の 声 を 受 け な が ら も 、 そ れ を 断 行 し た の は は 杜氏 力 を 最大 同 活 し な根底 に あ り ま し た。

山口 取締 役 の よ う な 電 気 機械 系 の 異 業 種 出身 者 や 、 広 告 の プ ロ な ど 他 分野 の 才能 が 集。 「上 善 ヒ ッ ト は 、も た ら し ま し た。

【後 編 は こ ち ら】 伝 統 と 革新 の 間 で 、 守 り 続 け 、 求 め 続 け 求 め 続 け け の 姿 白 瀧 酒 造 【2】